子育てのこと

子どもが最短で自転車に乗れるようになるコツとは?効果があった方法をレビューしました!

更新日:

こんにちは!

5歳児(年長)の息子を育てています。

 

初めて自転車に乗れた瞬間、覚えていますか?

 

何度も何度も練習して、転んですり傷を作り、ついに真っすぐ進めた瞬間。できた!!という、あの感動。風をきる爽快な感じが楽しくて楽しくて、なんだか万能になれた気がしましたよね?^^

子どもにも同じ経験をさせてあげたいですね。

 

・子どもがなかなか自転車に乗れない

・そろそろ自転車の練習をさせたいけど、どうやって教えたらよいのかわからない

という方のために、”子どもが最短で自転車に乗れるようになるコツ”について、実践レビュまとめました。

 

 

子どもが最短で自転車に乗れるようになる方法は?

実際に、5歳の息子が、短時間で自転車に乗れるようになった方法です。

 

バランスが重要

 

まず、ペダルは外します。

 

サドルは、自転車にまたがったときに、少しかかとが浮くくらいの高さに。

 

 

そして、子どもをサドルに座らせて、つま先で歩かせます。

ハンドルは左右均等の力で握り、姿勢をまっすぐに正して、目線は遠くを見るように。

ただ、自転車に乗って歩く。まず、これをひたすら繰り返します。

 

そうすることによって、バランス感覚が身に付くからです。

 

バランス感覚さえつかめたら、しめたものです!最初は、左右にフラフラしますが、慣れてくると、段々バランスを保てるようになってきます。

 

基本動作を繰り返す

自転車と体が一体となって、まっすぐ歩けるようになるまで、何度も何度も同じ動きを繰り返しましょう。

コツは、しっかりサドルに座ること。

 

サドルからおしりが浮いて、普通に歩いてしまいがちなんですが、しっかり座るよう、声掛けしてあげるといいでしょう。

大きく円を描いて進み、左右にハンドルをきる練習もします。

 

 

次に、両足を浮かせた状態で、後ろから親が押してあげます。

自転車に”乗っている”感覚が体感できますよ。風をきる、あの感じ。^^

またがって歩く練習を嫌がっていたとしても、こうやって体感させてあげることで、子どもは楽しくなります。

歩いて、押してあげてを何度もやってみてください。

 

声がけで後押しする

子どもにとって、初めての経験。うまくいったらほめて、応援してあげると勇気がわいてくると思います。

「自転車に乗れるとこんな感じで気持ちいいよ。絶対できるよ。」
と言ってあげたら、さらにやる気が出るはず!

 

慣れてきたら、次は、子どもひとりで、同じ動作をやらせます。両足を浮かせて、自分でぐいっと前へ進むように。ここまでできたら、だいぶ、自転車に乗る感覚が身に付いていると思います。

 

たっぷりと準備練習をさせたら、いよいよ、ペダルを付けて練習です。

 

いきなりペダルをこぐより、自転車に乗るバランスを体感させてから
練習することで、ぐっとコツがつかめて、すんなり成功するでしょう!

 

まとめると、

①ペダルを外し、サドルにまたがって座り、つま先で繰り返し歩くことを繰り返す

②両足を浮かせた状態で、後ろから親が押して進ませる

③子どもひとりで、両足を浮かせた状態で前へ進んでみる

④バランス感覚が身に付いたところで、ペダルを付けてこぐ練習をする

こんな感じです。

転んでも痛くないように、短い芝生の上で練習するのがおすすめです!

 

 

初めての自転車 何歳が最適?

周りの子を見ていると、早い子で、4歳くらいから自転車に乗れているようです。上に兄弟がいると、自転車のお下がりもあるし、環境が整っているので、早い印象。

 

息子は、5歳半で練習を初めて、すぐに乗れるようになりました。

 

私の意見としては、小学校へ上がる前の、5、6歳がちょうどいいと感じています。(個人差があるので一概には言えませんが。)

 

理由は、自転車にのるための運動神経も発達してきて、さらに、親が教えることを理解できる年齢だから です。

 

小学校にあがると、自転車に乗れる子と乗れない子に分かれていると思うので、できないというコンプレックスを持たずに済みます。ちょうど、劣等感を自覚し始める年齢は、小学校1年生頃からですもんね。

 

 

補助輪は必要か?

 

自転車に乗れるようになるために、補助輪は要らないです。

理由は、補助輪を付けていたら、バランス感覚がいっこうに身に付かないから、です。

 

幼児が三輪車を楽しむ分にはいいのですが、本気で自転車に乗りたいと思った瞬間から、補助輪は外すことをおすすめします。息子は、三輪車にも、補助輪付き自転車にも乗らず、5歳でいきなり自転車練習から始めました。

 

”まずは補助輪を付けて慣れさせよう”というのは、意外と逆効果かもしれません。

 

まとめ

以上、子どもが最短で自転車に乗れるようになるコツについて、実践レビューを紹介しました。

 

コツも大事だけど、新しいことへの挑戦を応援する声がけが、めちゃくちゃ子どもを後押しします。上達を喜んで、たくさんほめてあげてください。初めて自転車に乗れた瞬間は、一緒に感動を分かち合いたいものですよね!

 

お読みいただき、ありがとうございました。

-子育てのこと

Copyright© まこのときめきblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.