子育てのこと

[子育て]男の子を味方に付ける方法とは?効果的な魔法の言葉を紹介!

こんにちは!

5歳児(年長)の息子を育てています。

 

このくらいの年齢って、イヤイヤ期は過去のものとなり、本気の「イヤ!」と毎日たたかうようになりませんか?^^;

5歳にもなると、子どもととの会話も楽しめるようになるし、子育てがますます楽しくなる一方で、好き嫌いもはっきりと出てくるようになるので、しつけに頭を使う必要が出てきます。

 

特に、男の子の場合は、女の子に比べて落ち着きがないし、動きも激しい。(もちろん、個人差はありますが。)どんどん我が強くなる5歳~小学生くらいの子は、しつけのためにガミガミ言っても全然聞かなくて、イライラすることが多いですよね。

 

子育ては思い通りにならないのが常ではあるのですが、そんな中でも、”ママが男の子を味方に付ける方法”を紹介します。

 

 

男の子をママの味方に付ける方法とは?

 

男の子をママの味方に付ける方法は、ズバリ、

子どもに相談すること

です。

 

それも、子どものことではなくて、自分のことについてです。

ほんの些細なことでかまいません!

 

例えば、

・今日、どの服を着たらいいか
・どっちの色の方が似合うか
・献立のメニュー、AとBどっちにしようか
・パパに何て言ったら喜ぶか
・服のボタンがとめられない
・両手がふさがっていてドアが開けられない

こんなことで大丈夫です。^^

子どもにヘルプを求めること、これが効果絶大なのです。

 

 

男の子にかけると効果的な魔法の言葉とは?

 

ズバリ、これです。

 

「どうしたらいいと思う?」

「助けてくれない?」

 

ママは困っている、という言葉を添えて、

「ママ悩んでるんだけど、〇〇くんは、どうしたらいいと思う?」

「ママ困ってるんだけど、〇〇くん、助けてくれない?」

これが、とても効果的なんです。

 

ママの力になりたい!

私の体験談です。ある日、ネットショッピングで母親の誕生日プレゼントを選んでいたときのこと。2つのマフラーで迷っていました。どっちも捨てがたく、どうしようか決めかねていた時、おもわず、「どうしよう。迷うなぁ。ママ困ったなぁ。」とつぶやいてしまいました。

 

すると、近くで聞いていた5歳の息子が、「ママどうしたの?なんで困ったの?」と聞いてきます。普段は、そんなこと息子に相談ししないのですが、「どっちがおばぁちゃんに似合うか、悩んでいるの。〇〇くんは、どっちがいいと思う?」と聞いてみました。

 

すると、息子は、しばらく真剣に考えた後、「おばぁちゃんは、この前、この色の服を着ていたから、こっちの色の方が好きだと思う。ママ、こっちにしたら?」と言うのです。なるほど!と、すんなり選ぶことができました。

 

その時、思いました。”子どもにも相談してみればいいんだ”って。相談すると、子どもは、一生懸命、考えるんですよ!どうしたらよいのか、子どもなりに、自分の頭で考えてくれます。

 

ママからの相談ごとは、

ママの力になりたい!

ママを助けてあげたい!

という、男の子のヒーロー心をくすぐるようです。^^

 

いつもはぐずぐず甘えていたり、何でもかんでも親に頼っていた息子が、この言葉をかけると、急にしっかりとして一丁前な態度になるんです。思わず、ふふふ、とほほ笑んでしまいました。^^

 

ポイントは、”時々” です。

 

四六時中、お困りママだと、頼りなくて子どもは不安になっちゃいますよね。時々、スパイスのように、この言葉をかけるのが、効果的なのです。

 

思いやりのめばえ

ママの味方になりたいのは、男の子に限った話ではないと思います。女の子でも、ママに頼られるとうれしいものですよね。しっかりしなくちゃとか、僕に(私に)任せて!という気持ちに自然となれるようです。自立心を促すことにもつながります。

 

うつ病の人に向かって、「がんばって」というより、「お願い、私のためにおにぎり作って」という方が元気になれるのと同じ原理なのだと思います。

 

自分!自分!だった息子が、ママのことを思って考えて発する言葉や行動は、本当に心があたたかくなります。その気持ちは、そのまま、周りの人を思いやる気持ちの土台になると思うのです。

 

子どものために、時々、頼ってみるものいいものですよ。

 

 

男の子はママが大好き

 

息子は、「ママ見て、ママ見て」を、1日に何回、何十回と言います。

子どもって、本当に自分に目を向けてほしい生き物なんですね。特に、男の子は顕著な気がします。時々、小さな怪獣のように手が付けられなくなるけれど、男の子はママが大好きな生き物。

 

うまく味方に付けられるよう、時々、子どもを頼って相談して、ママのヒーローになってもらいましょう!

 

 

まとめ

以上、”男の子を味方に付ける方法と魔法の言葉”を紹介しました。

 

ママを大切にできると、周りのお友達も大切にできると思います。自分の息子を味方につけながら子育てしていくと、とっても心強いし、ママもパワーをもらえますよ。

 

将来、お付き合いする女の子や、伴侶になる子を大切にする下地になると考えています。将来、モテる男の子になるかもしれません。^^

お読みいただき、ありがとうございました。