お役立ち情報

山梨県(関東甲信)の2020梅雨明けはいつ?気象台情報まとめ!

こんにちは!

7月を目の前にして、毎日暑い日が続きます。

この時期、いつ梅雨が明けるのだろうか?と気になりますよね。

じめじめした季節を早く脱したいものです。

 

2020年、山梨県の梅雨明けはいつ頃になるのでしょうか?

平年より早いでしょうか、遅いでしょうか。

気象台の情報をまとめました。

 

 

梅雨入り・梅雨明けとは?

そもそも、梅雨入り、梅雨明けの定義って、なんでしょうか?

梅雨の時期は、大体、6月から7月にかけて続きます。

 

梅雨入り、梅雨明けには、「○日○時から」という明確な境界はありません。

曇りや雨の日が多くなって、次第に梅雨に入り、やがて雨の日が少なくなって、梅雨が明けていきます。

緩やかに変化していくため、”移り変わりの期間”が、数日程度あるのです。

このため、梅雨入りや梅雨明けの日は、この移り変わりの期間の、おおよそ中日を「○○日頃」と表現します。

 

 

山梨県 2020年の梅雨明けはいつ?


 

山梨県の気象台はどこ?

山梨県は、気象庁管轄の甲府地方気象台が担当しています。

甲府地方気象台の観測を元に、気象庁が気象予測を発表します。

 

詳細はこちら。

↓↓↓↓↓

甲府地方気象台 公式サイト

 

 

 

山梨県の平年の梅雨明け時期は?

関東甲信越地方地方の梅雨明け情報を元にすると、

山梨県の平年の梅雨明け時期は、

7月21日頃 です。

 

計測を開始した、1951年~2019年(68年間)の気象庁の統計を紹介します。

<山梨県の梅雨明け時期>

最も早い梅雨明け:2018年 6月29日頃

最も遅い梅雨明け:1982年 8月4日頃

なんと、1ケ月以上の開きがあります!

 

山梨県で、過去に最も多い梅雨明け時期は、

7月中旬~7月下旬 でした。

この期間の梅雨明けが、計測68年間で、78%を占めます。

 

こちらは、直近の5年間の梅雨明け時期です。

<山梨県 直近5年間の梅雨明け時期>

2015年:7月10日頃

2016年:7月29日頃

2017年:7月6日頃

2018年:6月29日頃

2019年:7月24日頃

2018年は、過去最高に早い梅雨明けでした。

年によって、開きがあるようです。

 

詳細はこちら。

↓↓↓↓↓

気象庁 公式サイト

 

 

 

山梨県の2020年梅雨明け時期はいつ?

6月10日発表の、気象庁の公式Twitterによると、

・エルニーニョ現象も、ラニーニャ現象も発生していない平常の状態

・今後、秋にかけて平常の状態が続く可能性が高い

ということです。

※エルニーニョ現象:南米ペルー沖の海面水温が平年より高い状態
※ラニーニャ現象:南米ペルー沖の海面水温が平年より低い状態

 

梅雨明けも、平年通りとみてよいでしょう。

 

というわけで、山梨県の、2020年の梅雨明け時期は、

7月21日前後 と予測します。

 

こちらの気象庁の公式サイトから、速報を確認できます。

↓↓↓↓↓

気象庁 2020年 梅雨明け速報

 

 

 

 

 

最後に

以上、2020年の山梨県の梅雨明け時期について、まとめました。

”恵みの雨”という言葉もありますが、最近は、洪水や河川の氾濫など、大雨による災害も増えています。

梅雨が明けるまで、災害の心配は抜けませんね。

でも、梅雨が終われば、カラッとした夏がやってきます!

今年も、梅雨の時期を乗り切りましょう。

お読みいただき、ありがとうございました。