テレビ・ドラマ・CMネタ

Waboku/アニメーション作家の年齢/経歴は?彼女や年収についても!

0000今、大注目のアニメーション作家Wabokuさんが、2020年8月15日(土)の「マツコ会議」に出演しました。

Wabokuさんといえば、独特の世界観で、OrangestarEveなど人気アーティストのアニメーションMVを制作した、凄腕アニメーション作家さんです。

退廃的な作風がとてもいいです✨

どうしても作品に注目しがちですが、魅力的な作品を生み出す、作家さんの素顔って、どんな方なんだろう‥、と興味が沸きませんか?

というわけで、今回の記事では、

Wabokuさんの年齢
Wabokuさんのプロフィールと経歴
Wabokuさんに彼女はいる?
Wabokuさんの年収は?
Wabokuさんの作品まとめ

について、まとめてみました。

 

 

Wabokuってどんな人?

Wabokuさんのプロフィール、年齢、経歴についてまとめました。

プロフィール

名前 Waboku(わぼく)
本名
不明
出身 不明
生年月日 1992年7月29日
星座 しし座
大学 東京工芸大学アニメーション学科
公式サイト Waboku (ワボク) Animation / Illustration / Photography

本名と出身地、生まれ年は不明でした。

ビジュアルは個性全開な方!

この個性、クリエイターっぽくて好きです。

 

年齢

Wabokuさんは、2020年8月現在、28歳 です。

30代といってもおかしくない雰囲気ですし、年齢の割に、落ち着いた見た目ですよね。

 

 

経歴

東京工芸大学でアニメーション学を専攻したWabokuさん。

卒業制作の「EMIGRE」が、KDCC(北九州デジタルクリエイターコンテスト)で奨励賞を受賞しています。

学生の頃から、才能が開花していたのですね。

 

大学卒業後、企業に就職したものの、組織になじめず、すぐにフリーランスになりました。

Wabokuさんの作品は、退廃的なアニメーションが特徴です。

「寂しいという感情を出すことにこだわっていて、寂しさを出すには”退廃的”であることが大事」と語っています。

うーーーん、深い。

独自の世界観がステキです。加えて、Wabokuさん作品は、テンポが良くてストーリー性もあるので、MVにぴったりなんです。

あと、アニメとの音ハメが上手いです。

小さい頃は漫画家になりたかったそうですが、ほぼほぼ夢を叶えていますよね。

 

カルトDEキッチュというYouTubeチャンネルで、YouTuberとしても活動しています。

このチャンネルは、Wabokuさん一人ではなく、キッチュスタッフと呼ばれる複数の仲間の方と運営しているようです。

 

フワちゃんのYouTubeにも登場していました。

「物理、数学はアニメーションでも使うから、もっと勉強しておけばよかった」というWabokuさん、緻密で計算しつくされた職人技の世界なんでしょうね。

Wabokuさんの避難スポットはコンビニで、コンビニにすらいけない時はキッチンに逃げるんですって。アニメ制作に煮詰まったらコンビニにふら~っと出かけるんですかね。^^

 

Wabokuに彼女はいる?

調べましたが、現在、Wabokuさんの彼女情報は出てきませんでした

Wabokuさんって、中世的な雰囲気ですよね。

 

「異性に聞きたいけど聞けない質問ってなに?」

という質問に対して、悩んだあげく、

「ない」

と回答しています。

 

低い声がコンプレックスで、高い声になりたかったそうです。

女性の魅力的なところは 「冷静なところ」

男性の魅力的なところは「アゴから首のライン」「野性的なところ」

 

女性は感情的と言われているし、冷静なのって、一般的には男性の方ですよね。

独特な感性ですね。

Wabokuさんは、好みの女性も、一般的なモテるタイプではなく、個性的な女性なのかもしれませんね!

 

Wabokuの年収は?

一般的に、アニメ作家の年収は、幅が広く、企業に属するかどうかでも変わってきます。

大体、年収150~1000万円ほどと言われています。

大企業だと、安定した高収入が望めます。

フリーの場合は、ほとんど年収がない時もあれば、何千万まで稼ぐ人もいるんだとか。

 

Wabokuさんは、フリーで活躍されていて、3人のスタッフと仕事をしているようです。

「人生で欠けていると感じるものは?」という質問に対して、「お金です。もしくは、金運。」と答えています。

おそらく、アニメーション作家としての収入は、不安定なんじゃないかな?と予想します。

マツコ会議で、2ケ月半かけて制作した作品のギャラが100万円ほどだと、告白していました。

 

Wabokuさんは、アニメーション作家としてだけでなく、YouTuberとしても活動しているので、そこからの収入もあると考えられます。

こちらの、YouTubeサイトの年収がわかるサイトで調べてみました。
↓↓↓↓↓
ソーシャルブレード

 

気になる結果は・・・

年収 約4,500~約69,000円

 

このサイトでは、YouTubeチャンネルの

・開設日
・ジャンル
・登録者数&ランキング
・動画総視聴回数&ランキング
・総合評価
・推定月収
・推定年収

など、詳細がわかります。

 

ソーシャルブレイドは、動画視聴回数などの詳細データから、推定の収益を算出しているサイト。

YouTubeの収益は、1再生あたり0.1円が基準と言われていますが、Googleの広告の単価はバラバラなので、レンジが広めに設定されていて、推定年収にも開きがあります。

実際には、最大値の約半分の金額くらいということなので、wabokuさんの場合、おそらく、年収3万5千円くらいではないでしょうか。

こちらは、今後、もっと作品がヒットしたり、メディア露出が増えれば、右肩上がりに上がっていくかもしれません。

 

Wabokuの作品まとめ

Wabokuさんの代表的なMVアニメーション作品です。

「お気に召すまま」 Eve

茶、グレーを基調とした退廃的な雰囲気が、心の奥に何とも言えない感情を呼び起こす感じがしませんか?

音楽の雰囲気とマッチしてます。

 

「快晴」Orangestar

こちらは、うって変わって、空と海のブルーが鮮やかでさわやかな印象です。

テイストは異なりますが、ジブリアニメの舞台になりそうな高台の風景がキレイ✨

多彩ですよね。

 

まとめ

以上、
Wabokuさんの年齢
Wabokuさんのプロフィールと経歴
Wabokuさんに彼氏はいる?
Wabokuさんの年収は?
Wabokuさんの作品まとめ
について、まとめました。

Wabokuさんには、今後も、たくさんのアニメを生み出してほしいですね。

アニメは、声優さんもけっこうメディア露出しているし、作家さん自身も、出てきてたらいいなと思います。

作家さんの素顔を知ると、また違った角度で作品が楽しめるかもしれません!

お読みいただき、ありがとうございました。