お役立ち情報

みずほ銀行の通帳有料化はいつから?手数料はいくら?条件についても

みずほ銀行が、新規口座開設時の通帳発行を有料化する と発表しました。

 

通帳を作るのに、お金がかかるの!?

 

大手銀行で、通帳発行手数料を導入するのは初めてとなります。

これは、気になりますよね!

今回は、
みずほ銀行の通帳有料化はいつから?
みずほ銀行の通帳発行の手数料はいくら?
みずほ銀行の条件まとめ
について、まとめてみました。

 

みずほ銀行 通帳発行の有料化はいつから?

 

通帳発行の有料化は、2021年 1月18日 以降 です。

70歳未満の方が新しく口座を開く際、紙の通帳を発行する場合、有料となります。

70歳以上の方は、引き続き、無料です。

また、すでに、みずほ銀行の口座を持っている方も、無料となります。

 

 

 

みずほ銀行 通帳発行の手数料はいくら?

紙の通帳発行の手数料は、

1冊あたり 1,100円(税込)となります。

 

高っ!

 

高すぎません??

原価いくらだよ・・

 

ちなみに、紛失等で再発行する際にも、1,100円かかります。

新規の口座開設時だけでなく、その後、通帳を繰り越して追加発行する場合も、同額1,100円の手数料がかかることになります。

ただし、すでに口座を持っている方は、今後も繰り越し時には、無料で通帳を作れます。

 

 

みずほ銀行 通帳有料化の条件まとめ

 

以上、通帳有料化の内容をまとめると、

・70歳未満で、みずほ銀行の口座を持っていない人が

・2021年1月18日以降に、新規で口座開設する場合

・紙の通帳発行には、1,100円の手数料がかかる

・その後も、繰り越し発行の度に同額の手数料がかかる

・70歳以上の方と、すでに口座を持っている人は対象外(無料)

・すでに口座を持っている方は、繰り越し発行も無料

ということになります。

 

今回の紙の通帳有料化と同時に、スマホで見れる「デジタル通帳」の提供も始まります。

デジタル通帳は、入出金の履歴を最大で10年間分確認できるようになるそう。

 

毎年1月末時点で、1年間以上記帳がない通帳は、自動的にデジタルに移行されます。

ただし、すでに口座を持っている方になるので、その後、紙の通帳を希望する場合は、無料で作れます。

 

これらの動きは、紙からデジタルへの移行を促して、業務の効率化を図るのが目的だそうです。

銀行でも、窓口業務の縮小、AIの導入、人件費の削減が加速している昨今、必然の流れなのかもしれませんね。

これは、紙の通帳を作るメリットが、何も浮かびませんね。

 

みすほ銀行の口座を新たに開設したい方で、どうしても、通帳は紙でないと嫌!という方は、2020年中に、口座開設しておきましょう!

 

詳細は、みずほ銀行の公式サイトをご確認ください。

通帳の有料化については、2020年8月21日付のニュースリリースに情報がアップされています。
↓↓↓↓↓
みずほ銀行 ニュースリリース

 

 

まとめ

以上、

みずほ銀行の通帳有料化はいつから?
みずほ銀行の通帳発行の手数料はいくら?
みずほ銀行の条件まとめ

について、まとめました。

 

紙からデジタルへの移行は、あらゆる業界で起きていることですし、新型コロナウィルスがその流れを加速させました。

今後、他の大手銀行や地方銀行でも、同じ動きになるかもしれませんね。

要チェックです!

お読みいただき、ありがとうございました。