子育てのこと

[4歳・5歳・6歳]家で遊べるおすすめおもちゃのレビュー!子供が喜ぶ理由も紹介

こんにちは!

5歳児(年長)の息子を育てています。

子どもって、夢中になる遊びが、どんどん変わってきますよね。家で遊べるお気に入りのおもちゃがあると、おうち時間を満喫できてうれしいですね。

 

私が実際に使ってみて、4歳~6歳くらいの子どもが、家で遊べるおすすめおもちゃのレビューを紹介します。

 

4歳・5歳・6歳の子どもが家で遊べるおすすめおもちゃは?

 

ラキュー

ラキューとは、7種類のパーツを組み合わせて作るパズルブロック。

平面、立体と自由自在に形作れます。

ピースが小さいのが特徴で、指先でパチンパチンと合体させるのが気持ちよくて、大人もハマる!

 

ゾウさん。
平面作が物足りなくなったら、立体作に挑戦!

 

ジープ車。
夢中になって、あれよあれよという間にできあがる。

 

ティラノサウルス。
けっこう時間がかかっていたけど、恐竜にしては簡単な方。

 

ロボット。
これは、わりと大作。親子で手分けして作りました。

これらは、ほんの一部で、本当に色々作れるんです。ラキュー攻略本もたくさん出ているので、1冊あると作りやすいですよ。

 

おすすめのポイントは、

・熱中できて集中力がつく

・達成感があって自信がつく

・親子で一緒に楽しめる

・空間認識力UPで右脳が鍛えられる

・数の概念と規則性理解で算数の基本が身につく

 

子どもが喜ぶ理由は、何といっても、作品を自分で作り上げたーー!!という達成感だと思います。完成した後の目の輝きがすごいです。

 

まずは、ベーシックなセットから購入して、徐々にパーツを買い足していくのがおすすめ。

LaQ ベーシック511 L001955
by カエレバ

 

 

ナンジャモンジャ

これは、一風変わったカードゲーム。

カードめくって、12種類の変な生き物に、パッと思いついた名前を付けます。後から同じカードが出たら、その名前を素早く呼び、一番先に言えた人がカードをもらう。最後にカードが一番多かった人が勝ちです。

 

対象年齢は4歳以上で、大人まで遊べます。

 

くだらない名前やへんてこな名前が出てきたら、みんなで笑えるんです。^^子ども同士でも、親子でも楽しめて盛り上がりますよ。学童で流行っているそうです。

 

おすすめのポイントは、

・ルールがシンプルでわかりやすい

・笑いが起きて盛り上がる

・記憶力が鍛えられる

 

年末年始とか、たくさん人が集まる場で重宝しそうですね。

 

すごろくや ナンジャモンジャ シロ 日本語版 Toddles-Bobbles2
by カエレバ

 

トランポリン

これは、おもちゃというか、遊具ですが、1台あると重宝します。家で運動できる遊具って、なかなかないんですよね。

 

お家用のトランポリンは、直径1mくらいで場所を取らないし、折りたためるタイプもあるので、本当におすすめ!気分転換に、数回飛ぶだけでもリフレッシュできますよ。体感も鍛えられるので、運動能力も向上します。

時々、親が持ち上げて飛ばせてあげると、子どもはテッパンに喜ぶはず。”たかいたかい”のダイナミック版ですね。^^

 

雨の日や外出できない日でも、家で体を動かせるので、子どものエネルギー発散になります。家の中にいると、どうしても、スマホやゲームに偏りがちですもんね。

 

大人も使えます!5分も飛べば、汗だくで、ジョギング1kmと同じ運動量。親子で使えて、大満足です。

 

おすすめのポイントは、

・家の中で運動できる

・体感が鍛えられる

・大人も使えて運動不足解消になる

 

長く使えそうだし、我が家でも、買ってよかったです。

 

【予約販売】トランポリン 子供 ダイエット ゴム 式 BTM 1年安心保証 エクササイズ 健康器具 ダイエット器具 フィットネス 室内運動 有酸素運動 プレゼント 直径92cm ゴムバンド式 大人用 全身運動 あそび 家庭用 送料無料
by カエレバ

 

子どもの心を安定させるには

 

5歳の息子を見ていると、遊びから学び、成長していくのがよくわかります。親も関われると、より心豊かに育つ気がします。

 

一緒に遊ぶこと

4歳~6歳くらいの子どもって、親も一緒になって遊んであげると、本当に喜びますよね。特に、パパママ両方が関わって遊ぶと、すごくうれしいみたいです。

両親そろって遊ぶ時間を作ってあげることで、ぐっと情緒が安定します。

 

最近、ぐずることが多いなーと思ったら、一緒に遊ぶ、一緒に楽しむことを意識すると、解消するかもしれませんよ。そんな時、親も一緒に遊べるおもちゃがあると、役立ちますね。

 

遊びを見守ること

子どもは、親が黙って見守るだけで、安心します。

 

子どもが遊びに夢中になっている最中でも、何をするわけでもなく、側にいてあげる。時々、目が合ったらほほ笑んで、「あなたを見ているよ」と目で伝えてあげる。それだけで心が満たされるんだと思います。

 

親の存在を感じながら、満足するまでたっぷり遊んだら、その後の聞き分けが良くなることに気が付きました。言葉で何回も言い聞かせるより、ただ見守る行為がしつけに効果的だったりします。スマホを置いて、子どもをしっかり見ることって、大事だなと。

 

忙しいときは、中々難しいこともあるのだけど、手を止めて、子どもを見守る時間は、親にとっても、本当に贅沢な時間です。

 

 

まとめ

以上、4歳~6歳の子どもが、家で遊べるおすすめのおもちゃをレビューしました。

 ・ラキュー

 ・ナンジャモンジャ

 ・トランポリン

ぜひ、試してみてください。

 

4歳くらいから、だんだん大人と一緒に遊びを楽しめるようになってきます。遊びながらルールを覚え、勝った負けたの喜びも悔しさも学んでいく。家の中でも、遊びを通じて、子どもの成長を見守りたいものですね。

 

お読みいただき、ありがとうございました。