テレビ・ドラマ・CMネタ

古畑任三郎が再放送!赤い洗面器の男のオチはわかった?

こんにちは!

ドラマ「古畑任三郎」が再放送されて、話題になっていますね!

三谷幸喜作品でよく注目されるのが、赤い洗面器の男

これ、視聴者はめちゃくちゃ気になり続けています。

オチって結局、わかったんだっけ?

 

古畑任三郎 赤い洗面器の男って?

”赤い洗面器の男”は、三谷幸喜の作品で時々登場します。

 

なぜか赤い洗面器を頭に乗せた男がいて、彼がその理由を明かそうとすると、必ず何かしらの出来事が起きて、わからずじまいになって終わってしまう

という視聴者をヤキモキさせる展開。

 

毎回、気になる・・

 

「古畑任三郎」で、この”赤い洗面器の男”が登場するのは、こちらの回!

・第11話「さよなら、DJ」
・第21話「魔術師の選択」
・第25話「消えた古畑任三郎」
・第38話「最も危険なゲーム・後編」
・第39話「すべて閣下の仕業」

毎回、登場人物が、「あなたはどうして赤い洗面器を頭の上に乗せているんですか?」と聞いたところで、ノイズが入ったり、展開が中断されてしまうんですよね。

 

結局、オチはなに?

三谷幸喜さんが語った内容によると、赤い洗面器の男についてわかっていることは、こんな感じです。

・オチは用意されている
・今まで作品内でオチが明かされたことはない
・作品解説でもオチについて語られていない

 

唯一、第39話の「すべて閣下の仕業」のDVD特典映像で、三谷さんは赤い洗面器の男について、「元ネタはイスラエルのジョーク」と語っています。

作品の中で、南米のある国の日本大使館で、世界中のジョークを知っているという現地人の客が、その1つとして大使館スタッフたちに話すシーンがあります。でもこれは、スペイン語で語られたので、誰もオチがわからないという演出。

「スペイン語を訳すとオチがわかる」そうですが、実際に日本語に訳してもオチは不明なままというオチ。w

 

結局、オチがわからないのがオチ、なんでしょうね。^^

「結局洗面器が落ちないからオチがない」っていう噂も。w

 

Twitterでも話題になっています。

みんな気になって仕方ないんでしょうね!

三谷幸喜さん、ほくそ笑んでいそう。^^

 

 

最後に

以上、古畑任三郎に登場する「赤い洗面器の男」について、まとめました。

三谷幸喜さんらしい仕掛けですね!

ずっと謎のまま、という設定そのものが見ている側を惹きつけ続けているので、三谷さんは、してやったりでしょうね。

永遠にオチなくていいのでは?^^

お読みいただき、ありがとうございました。